全国で平和願う鐘の音 21日の国際平和デー(産経新聞)

【広告】    レイコップ

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

国連が定めた「国際平和デー」の21日、東京都港区の増上寺で鐘打式が開催された。今年は国連創設75周年の節目の年。世界中が新型コロナウイルスによる危機に直面していることから、参加者は鐘の音とともに、世界の国々が連帯し、平和の構築に尽力することを祈念した。

 式典には、三笠宮家の彬子さまや東京都の小池百合子知事らが出席。彬子さまが第一打を鐘打され、その後に小池知事らが続いた。鐘打は全国各地の社寺や教会などでも正午の同時刻に行われた。

 長谷川祐弘実行委員長は「この時に、各会各派の垣根を乗り越えて世界の平和を祈り、世界の連帯を誓う」とあいさつ。小池氏は「新型コロナウイルスという新たな脅威と直面している。今こそ人類共通の敵に立ち向かうべきではありませんか」と述べた。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です