ロールスロイス、限定ビスポークモデル「Dusk in Tokyo Collection」を9月26日初公開…都心の美しい夕焼けをオマージュ(レスポンス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:レスポンス

ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京は、首都・東京にちなんだロールス・ロイス・モーター・カーズ初のビスポークコレクション「Dusk in Tokyo Collection」を発表、9月26日・27日に初公開する。

関連画像を見る

Dusk in Tokyo Collectionは、英国ロールス・ロイス本社にあるロールス・ロイス・ビスポーク・コレクティブにより、正規ディーラーであるコーンズ・モータースのためだけに開発されたもの。「ファントム」「カリナン」「ドーン」「レイス」の4モデル各1台で構成され、各モデルは新エクステリアカラー「Dusk in Tokyo」を採用する。

Dusk in Tokyoは、さわやかな晴れた日に、東京の都心部の超高層ビル群から眺めた美しい夕焼けをオマージュしてつくられた新カラーだ。ボンネット先端のオーナメント「スピリット・オブ・エクスタシー」には、日本初となるローズゴールドカラーを採用。夕暮れ時の街を彩る暖かみのあるオレンジとピンクの夕日を表現している。それを取り囲む新エクステリアカラーはグレーがかったホワイトで、光に当たると高層ビルの窓に光が舞うように、さまざまな色のスペクトルで輝きを増す。ボディサイドに手描きで描かれたローズゴールドのコーチラインは、地平線に日が沈む様子を表している。

ブラックレザーのインテリアは、夕暮れ時、ガラスとコンクリートの中に現れる太陽のきらめきと、暗く長い影とのコントラストを表現。アークティックホワイトレザーのドアポケットには余韻を残す光が、ローズゴールドで仕上げられたビスポークオーディオグリルには太陽の光の反射が垣間見える。

ファントムでは、フェイシアにローズゴールドクロックが追加、純粋さと自然な暖かさはウッドにも表れている。ファントム/ドーン/レイスには、オープンポアロイヤルウォールナットを使用。カリナンにはオープンポアブラックウッドを採用し、ロールス・ロイス初のSUVの力強い精悍さを反映したダークな仕上がりとなっている。

価格はファントムが8071万6000円、カリナンが5224万3000円、ドーンが5105万5000円、レイスが4886万2000円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です