アウディ Q8 に第2の「S」、ガソリンツインターボは507馬力…今秋欧州発売(レスポンス)

出典元:レスポンス

アウディは9月15日、『Q8』の高性能モデルの『SQ8』(Audi SQ8)に、ガソリンターボ搭載モデルを今秋、欧州市場で設定し発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、10万1085ユーロ(約1248万円)だ。

【写真】アウディSQ8 4.0 TFSI(全15枚)

SQ8は、欧州ではディーゼルターボエンジンを積む『SQ8 TDI』が先に発表されていた。直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボディーゼルエンジンは、最大出力435ps、最大トルク91.8kgmを発生する。91.8kgmもの強力なトルクは、1250~3250rpmの領域で引き出される。トランスミッションは8速「ティプトロニック」で、駆動方式は4WDの「クワトロ」だ。SQ8 TDIは、0~100km/h加速4.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

◆0~100km/h加速は4.1秒

これに対して、今秋欧州で発売されるSQ8のガソリンターボモデルには、「4.0 TFSI」を搭載する。直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力507ps、最大トルク78.5kgmを発生する。2つのツインスクロールターボチャージャーは、Vバンクに配置された。このレイアウトにより、低回転域においても、優れたレスポンスを実現。排気システムには、2つのモード制御アクチュエータが装備されており、エンジン音が変化する。

トランスミッションは8速ティプトロニックで、駆動方式は4WDのクワトロだ。SQ8 の4.0 TFSIは、0~100km/h加速4.1秒、最高速は250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを可能にしている。

このV8ツインターボエンジンには、「シリンダーオンデマンド(COD)」システムを採用する。低負荷走行中に8気筒のうちの半分の4気筒のシリンダーを一時的に停止し、燃料消費を削減する。アクティブエンジンマウントは、逆位相の振動を発生することにより、乗員への振動の伝達を最小限に抑える。

◆後輪は前輪とは反対方向に最大5度まで操舵可能

標準装備される「オールホイールステアリング(4輪操舵)」は、高トルクの電動スピンドルドライブと2本のトラックロッドを介して後輪を操舵する。低速域では、取り回しの良さを確保するため、リアホイールはフロントホイールとは反対方向に、最大5度まで操舵できる。高速域では、フロントホイールと同じ方向に最大1.5度操舵することによって、車線変更時の安定性を向上させる。

電子制御ダンパー付きの「アダプティブエアサスペンションスポーツ」を標準装備した。これにより、サーキットやオフロード走行に対応する。快適性重視と、スポーティな走り重視の間で、非常に幅広い設定を実現することを可能にしている。

ダイナミックハンドリングシステムの「アウディドライブセレクト」を使用して、走行特性を変化させることができる。このシステムには、合計で7つのモード(コンフォート、オート、ダイナミック、エフィシエンシー、オールロード、オフロード、インディビジュアル)が切り替えられる。

◆サスペンションに電気モーターを組み込む

オプションの「エレクトロメカニカル アクティブロールスタビリゼーション(EAWS)」は、高速コーナリング中のボディロールを最小限に抑える。前後アクスルに設置されたスタビライザーの左右独立シャフト間には、コンパクトな電気モーターが設置されている。直進時には、左右のスタビライザーが切り離され、不整地におけるボディの動きを軽減して、乗り心地を向上させる。

コーナリング中は、最適なロール量補正に重点が置かれる。左右のスタビライザーは、反対方向にねじりトルクをかけるため、コーナリング中の車両の傾きが大幅に減少する。エレクトロメカニカル アクティブロールスタビリゼーションは、48Vの主電源システムに統合されており、回生システムとしても機能する。このシステムは電気モーターを介して電力を回生することが可能で、回生された電気エネルギーはバッテリーに蓄えられる、としている。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です