【WEC】来季“2021年シーズン”の暫定カレンダー発表…2年ぶりとなる富士戦は9月26日決勝予定(レスポンス)

【広告】    レイコップ

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:レスポンス

18日、世界耐久選手権(WEC)の来季暫定カレンダーが発表された。来季は久々に「季=年」のかたちで“2021年シーズン”となり、6月の第89回ルマン24時間を含む全6戦の予定。2年ぶり開催の富士スピードウェイ戦は9月26日決勝予定の第5戦としてカレンダーに載っている。

関連画像を見る

今年、2020年のルマン24時間レース(第88回大会)はコロナ禍によって当初予定の6月から9月に開催時期が変更された(WECの2019/2020シーズン第7戦としての開催)。そして今週、無観客開催ながらもついにレースウイーク本番を迎えているが、ルマンの週にWEC/ルマンの将来に関わる発表等々があるのは例年通り。そのなかでWECの来季暫定カレンダーも発表されている。

現行のWECは2012年に始まり、2017年までは「季=年」のかたちだった。しかし、例年6月のルマンを最終戦にしたいという意向から、年跨ぎ制へのスイッチを敢行。移行季のシーズン7、2018/2019シーズンは18年丸一年と19年前半という都合一年半のシーズンになり、今季である2019/2020シーズン(シーズン8)から正規のかたちの年跨ぎ制となるはずだった。

しかしコロナ禍の影響で今季、2019/2020シーズンは結果的に19年後半と20年丸一年の計一年半という格好に変化(最終第8戦は20年11月にバーレーンで開催予定)。来季、シーズン9がどういうかたちになるのかも注目されていたが、全6戦という少なめのレース数で、2017年以来の「季=年」で「2021年シーズン」となることが発表された。

■WEC 2021年シーズン(シーズン9)暫定カレンダー
第1戦 3月19日 セブリング1000マイル(アメリカ)
第2戦 5月1日 スパ・フランコルシャン6時間(ベルギー)
第3戦 6月12~13日 第89回ルマン24時間(フランス)
第4戦 7月18日 モンツァ6時間(イタリア)
第5戦 9月26日 富士6時間(日本)
第6戦 11月20日 バーレーン6時間(バーレーン)
*今後の変更の可能性あり。日付は決勝予定日。

開幕直前にセブリングでの公式プレシーズンテストも予定されている(3月13~14日)。

秋恒例の富士スピードウェイ戦は第5戦として9月末に入った。2012~19年まで連続実施されていた富士戦だが、20年の開催に関してはコロナ禍によってWECの今季&来季カレンダーが大幅な軌道修正を余儀なくされるなか、消えざるを得ない状況に直面していた。でも、無事に2021年は2年ぶりの“復活開催”を迎えることになる(シーズンのくくりで見た場合、富士はシーズン1~9、常にシーズンあたり1回の開催となる)。

一方、現在のLMP1の後を継ぐ、WEC/ルマンの次期トップカテゴリーを巡る動きも今週、ルマンのレースウイークにいくつか出てきている。

複数のプラットフォームが乱立するかのような状況にコロナ禍が重なり、傍目には混迷の度を増している次期トップカテゴリー「ハイパーカー」。いわゆるハイパーカー規定(LMH)へと移行するなか、アルピーヌはLMP1ノンハイブリッドでの2021年トップカテゴリー参入を表明した。コロナ禍以前に将来のトップカテゴリー参戦意思を明らかにしていたプジョーは、2022年からLMHで活動するという。どうやらフランス勢がトヨタのハイパーカーと競うことになっていく模様だ(大メーカー/ブランド以外の計画も表明化してきているが)。

また、WEC/ルマンのトップカテゴリーに参戦可能とされる米国IMSAとの共通プラットフォーム「LMDh」規定については、2022年から実効採用となる見込み。このあたりの動向については今後、まだまだいろいろな展開が予想されるところでもある。

今年2020年“9月のルマン24時間”は19~20日が決勝レース実施日程。世界3大レースという見地からは今年はF1モナコGPの開催がなく、インディ500は5月から8月に延期されて開催、佐藤琢磨が優勝した。ルマンでトヨタTS050の7号車か8号車が総合優勝すれば、小林可夢偉か中嶋一貴のどちらかがウイニングクルーとなり、日本人ドライバーが今年の世界2大レースをダブル制覇することになる。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です