【ルマン24時間】12時間経過…トップ快走の7号車トヨタにトラブル発生(レスポンス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:レスポンス

2020年のルマン24時間レースは開始から12時間が経過した。

スタートからTOYOTA GAZOO Racingの7号車がトップを快走していたが、12時間を迎えた直後にトラブルが発生し後退。現在はTOYOTA GAZOO Racingの8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)がトップにつけている。

関連画像を見る

今年は新型コロナウイルスのため開催時期が9月中旬に移され、スタート時刻も14時30分(日本時間21時30分)に変更されたルマン24時間。スタート直後はレベリオン・レーシングの2台がトヨタ勢に食らいつき、早くもサイドバイサイドのバトルが展開されたが、スタート1時間を過ぎると徐々にトヨタ勢がリードを広げた。

その中でもポールポジションからスタートしたマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組の7号車は大きなトラブルに見舞われることなく順調に周回を重ね、2番手の8号車に対して2周近いリードを築いてレースの折り返しを迎えた。

しかし、その直後に緊急ピットインを行い、マシンはガレージへ。ターボ系のトラブルに見舞われたようで、ガレージ内で約30分の修復作業を強いられた。これにより7号車は総合4番手に後退した。

昨年も7号車はトップを快走していながら、レース終盤にタイヤのパンクに見舞われ2位に陥落する不運に見舞われたが、今回も総合優勝から遠ざかるような状況となってしまっている。

スタートから14時間を経過し、総合トップはトヨタ8号車。これをレベリオン1号車が1周差で追いかけている。

LMP2クラスでは山下健太が乗り込んでいるハイクラス・レーシング33号車は一時クラス2番手に上がる活躍を見せたが、開始10時間を過ぎたところでトラブルに見舞われ、無念のリタイアとなった。

LM-GTE Amクラスに参戦しているCAR GUY RACINGはスタート直後にギアがスタックするトラブルでいきなりピットでの修復作業を余儀なくされたが、現在も粘り強くレースを続けクラス19位を走っている。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

ザ・シークレット・ホース

                             只今特典レポート付

                             1)「サルでも分かる!血統入門」

                             2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

                             3)「競馬新聞徹底比較」

                             4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です