輪島市 [石川県] 朝市や輪島塗で有名な奥能登の街(週刊東洋経済)

出典元:週刊東洋経済

<2020年9月5日号> 輪島市は石川県能登半島の北西部にある面積426.32平方キロメートル、人口2万5000人の街である。輪島は古くから港町として栄えてきた。室町時代末期には「三津七湊(さんしんしちそう)」の一角を占める重要港の1つ「親の湊(みなと)」と位置づけられ、江戸~明治時代には北前船の寄港地、海上交通の要所とされた。また、門前町としての顔も持ち、中世には曹洞宗大本山總持寺を中心として大いににぎわった。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です