『ドキュメント 強権の経済政策 官僚たちのアベノミクス2』ほか 『絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか』(週刊東洋経済)

出典元:週刊東洋経済

<2020年8月22日号> 社会の改善に向け意識すべき「変化に対応するコスト」
評者/名古屋商科大学ビジネススクール教授 原田 泰
世界は経済学のモデルで説明できるほど簡単ではない、というのが本書の主張だ。なぜなら現実の世界にはモデルが見過ごしている多くの要素があるからだ。であるなら、事実の発見と実証分析が重要になる。

自由貿易は究極的には経済全体に利益をもたらすが、当然、負け組と勝ち組が生じてしまう。勝ち組から税を取って負け組に配れば、誰も損をせずに経済全体で利益が上がるとわかっているが、勝ち組がそれに応じるかは分からないし、実際これまでそうしたこともなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です