『「仕事映画」に学ぶキャリアデザイン』ほか 『サイバーハラスメント 現実へと溢れ出すヘイトクライム』(週刊東洋経済)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:週刊東洋経済

<2020年9月19日号> ネットの悪意が現実を破壊、刑法などの適用が課題に
評者/関西大学客員教授 会田弘継
女子プロレスラーの木村花さんの自殺は、SNSでの誹謗中傷が原因とみられている。また、俳優の三浦春馬さんの自殺の一因にもSNSが挙がっている。外出自粛でネット漬けの人が多いせいか、事件は普段にないほどの衝撃を与えたかもしれない。

本書は、木村さんらを死に追いやったようなケースも含め、「サイバーハラスメント」と呼ばれるネット上での嫌がらせについて米国での具体的事例を数多く紹介し、法的対策や将来への提言を包括的にまとめている。雇用関連で経済界にも関わる事例もあり、本誌読者にも参考になろう。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です