Eバイクで「クマイチ」疾走 サイクル拠点オープン(産経新聞)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:産経新聞

和歌山県上富田町のJR朝来(あっそ)駅近くに電動アシスト付きマウンテンバイク(Eバイク)をレンタルするサイクリストの拠点「KMICH(クミッチ)」がオープンした。運営団体は将来、紀南地域約200キロを1周する「クマイチ」のツアー開催を目指しており、琵琶湖1周や淡路島1周とともに関西3大サイクリングコースとして定着させたいと意気込む。26、27日は約50キロを走る初のツアーを企画している。(張英壽)

【地図】「クマイチ」のルート

 KMICHを運営するのは、廃校となった町内の小学校分校を活用し、講師を招いて大人の社会塾を開催している一般社団法人「紀州くちくまの未来創造機構」。新型コロナウイルスの感染防止もふまえ、3密(密閉・密集・密接)を回避する屋外活動として自転車に着目し、7月23日にオープン。レンタルしているEバイクは6台で、週末を中心に貸し出されている。

 機構によると、Eバイクは近年、サイクリストの注目を集めている。電動アシストがついているため長距離を走りやすく、急傾斜でも力を発揮。タイヤが太いため安定性にも優れている。地元向けには健康増進をねらい、観光客には体験型観光として普及を図るという。

 関西のサイクリストの間で人気が高い長距離1周コースは、琵琶湖1周の「ビワイチ」(約190キロ)と、淡路島1周の「アワイチ」(約150キロ)。機構では熊野地域とも呼ばれる紀南地域約200キロを1周するコースを「クマイチ」と名付け、将来のツアー開催を目指す。

 クマイチはKMICHを出発、国道42号を南下して海岸部のすさみ町、串本町、那智勝浦町、新宮市などを通り、山間部の田辺市本宮・中辺路地域などを経てKMICHに戻る。途中「熊野三山」の熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社も通り、1~4泊の宿泊を伴うツアーも開催したいという。

 機構で「KMICH」を担当する瀬戸陽子さん(51)は「『クマイチ』は海、山、川を一度に楽しめ、景色のバリエーションが豊かで、達成感がある」と魅力を語る。

 機構はツアーの第一弾として26、27の両日、KMICHから田辺市山間部を巡る約50キロのツアーを開催する(荒天中止)。両日とも5人が参加する予定。

 KMICHは上富田町産業振興・文化交流館1階にあり、営業時間は平日午後2~6時、土日曜・祝日午前9時~午後3時。レンタル予約や問い合わせは機構。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です