森進一の声と楽曲の良さにほれぼれ BSフジ「昭和歌謡パレード」(9月12日(土)午後7時)(夕刊フジ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:夕刊フジ

【週間BSマップ】

 12日午後7時からBSフジで放送されるのが、「昭和歌謡パレード」です。出演する歌手は、川中美幸、冠二郎、坂本冬美、長山洋子、三山ひろし、そして森進一!

 この日の放送は、芸能生活55周年を迎えた森進一と彼を慕う歌手仲間が大集合、という回なのであります。

 私、前座から二ツ目に昇進するときに、家元・立川談志による“二ツ目昇進試験”というものを受けているのです。言っておきますが、試験では落語なんてほとんどやりません。立川流の昇進基準である歌舞音曲をチェックすることにほとんどの時間が割かれます。その“歌”の中に、立川談志が好きなナツメロというのもあったりしたのです。藤山一郎、三橋美智也、岡晴夫、田端義夫などの曲の数々が歌えないといけないのです。かなり聞いて覚えましたよ。

 好きな曲の中に森進一の「港町ブルース」が入っておりました。当時の私はこの曲をよく知りませんでしたが、聞いてみると実にいいのです! 今では海を見る度に鼻唄が出てしまうほど。

 1975年生まれの自分にとっての森進一は、親の世代が喜ぶ歌手として、興味を持ってこなかったのです。それが30歳を過ぎてから改めて聞くと、声と楽曲のよさにほれぼれすることばかり。

 番組内では、吉田拓郎が作曲した「襟裳岬」は当初はレコード会社などが発売に反対していた、と森進一が語っています。発売していなかったら、今、私はこんな原稿書いているかわかりませんよぉ。冠二郎が紅白歌合戦に出る前に森進一からアドバイスを受けた話をするのですが、これもうグッときます。落語家なんで、同業者からのアドバイスのありがたさは本当によくわかります。

 そして最近、森進一は「Takaパパ」としても有名なのだそうです。そう、息子さんがロックバンド、ワンオクロックのTakaなのです。そしてなんと、息子と一緒に作った楽曲があるという驚くべき発言が…!

 歌詞が字幕で出てくるんで、見ながら一緒に歌えますぞ!(立川志らべ)

【広告】

【Finnish Baby Box】

ベイビー・マタニティーグッズ!

出産を控えたママや出産祝いに。。

北欧デザインまたはムーミンのデザインのベイビーボックス!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です