コロナ禍で供給不能…ハリウッドを救えるか!? 命運託された超大作映画 異次元アクション「TENET」18日公開(夕刊フジ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:夕刊フジ

コロナ禍で世界の映画業界に異常事態が起きている。これまで世界中の映画業界にとってハリウッド映画は大きな収入源だったが、最大のマーケットであるアメリカの映画館が十分に稼働できていない今、ハリウッド映画を供給できない事態が続いているのだ。

 そんな中、ハリウッド映画の命運を託された1本の超大作映画が動き出した。それが日本では18日に公開される『TENET テネット』だ。

 アメリカではロサンゼルスやニューヨーク、サンフランシスコなど大都市でも映画館が再開できていないが、ヨーロッパ、アジアなど新型コロナの影響の少ない地域から公開し、アメリカでも65%の映画館で公開という前例のない形で動く。

 バットマン・シリーズで伝説的な作品『ダークナイト』や、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙ら出演の『インセプション』などで圧倒的支持を集めるクリストファー・ノーラン監督の最新作だ。映画館での上映にこだわり続けるノーラン監督の集大成的な作品であり、映像や音響、世界観なども斬新。まさに映画館で体感する意味の大きいノーラン監督初のスパイ映画である。

 スパイ映画といえば、全世界で4月予定だった「007」最新作の公開が11月に延期されたが、「007」でも見たことのない、まったく新しい世界観を『TENET』は見せてくれる。

 その世界観とは「時間のルール」から脱出し、第三次世界大戦から人類滅亡を阻止する、という壮大なものだ。「時間のルール」とは、私たちが常識とする「時間は前に進む」というものだ。だが、実は物理学の世界では、熱力学で登場する「エントロピー」という概念により逆回転し得ることも示唆されている。

 本作ではその物理学の法則にのっとって、時間が逆回転し、まさに映像とともに未知の世界に導いてくれるのだ。ただ、もし時間が逆回転すると「呼吸はできるのか?」などの現実的な疑問も出てくる。そんな疑問も含め物理学者が監修しリアルな世界観を描き出したのである。

 デンゼル・ワシントンの実の息子が主人公の「名もなき男」を演じているのも注目だ。

 先行公開された国々では、例えば中国はわずか3日で興行収入32億円を記録するなど大ヒットしている。果たして『TENET』は「未来の世界」を救い出し、「現実の世界」の映画業界の救世主的な存在になれるのか。世界3位の経済大国・日本での公開に世界が注目している。(細野真宏)

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です