【アウディ e-tronスポーツバック】日本法人社長「私たちにとって新たなステップ」(レスポンス)

出典元:レスポンス

アウディジャパンは9月17日、ブランド初となる電気自動車(EV)『e-tronスポーツバック』(Audi e-tron Sportback)を発売した。クーペスタイルミッドサイズSUVに2基のモーターと95kWhのバッテリーを搭載し、最大航続距離は405km。価格は1327万~1346万円となっている

関連画像を見る

アウディジャパンのフィリップ・ノアック社長は同日のオンライン発表会で「e-tronスポーツバックはピュアアウディ。私たちにとって新たなステップだが、これまで過去に学んだすべてが詰まっている」と紹介。

その上で「技術者たちはEVテクノロジーを使って技術の地平を切り開いた。類稀なるスムーズな加減速、速度を問わず驚くような静粛性、高い空力性能、そしてクワトロ、優れたクラフトマンシップも見逃せない。『A8』にならぶトップモデルならではの品質が備わっている」とも強調した。

e-tronスポーツバックは前輪、後輪それぞれを電動モーターで駆動する電動4WDを採用している。ノアック社長は「アウディクワトロは新しい時代に足を踏み入れる。これまで機械式クワトロを設計してきたチームが電動クワトロを生み出した。これまでの知見は、この新しい技術の開発にすべて生かされている。ヘリテージがリファインされて続いていくことは大変うれしく思う」と述べた。

e-tronスポーツバックは普通充電に加えてチャデモ規格の急速充電にも対応。またアウディ初の装備としてバーチャルエクステリアミラーを採用しているのも特徴となっている。

ノアック社長はe-tronスポーツバックを2020年中に200台、2021年には500台から600台を販売したいとの見通しを示している。

アウディは2025年までに全世界で20以上のEVモデルを投入することを公表しており、ノアック社長も「今日はブランド初のEVを発売した。そして今後さらにたくさんのEVがデビューする」と述べていた。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です