「台風中継」 臨場感とスタッフの安全確保で各局苦悩(夕刊フジ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:夕刊フジ

【テレビ用語の基礎知識】

 台風の季節ですね。最近は甚大な被害が出る台風が多いので、気をつけください。大げさではなく、「命を守るため」の最大限の備えを必ずしてくださいね。

 われわれテレビの報道関係者は、台風中継に毎回、頭を悩ませます。ひと昔前ならとにかく岬とか海岸沿いとかに行って、豪雨と高波を背負って、風に吹かれながら記者が絶叫するような台風中継をすれば「迫力がある」というのでバッチリでした。

 しかし、今やそれでは「わざわざスタッフを危険に晒(さら)している」というので怒られます。僕が業界に入った頃には「嫌ならいつでもこの仕事を辞めろ、お前の代わりはいくらでもいる」と堂々と言われて物のように扱われました。が、今ではテレビマンにも人権はあるので危険な中継は許されなくて当然です。極端な話、安全に配慮するなら室内から中継すれば良いわけですが、「その街が現在どんな感じなのか」を伝えるための記者中継ですので、それでは意味がありません。

 「ほどほどに大変そうな感じ」で、しかし安全が確保されている場所から中継するのが理想ですが、そんな都合の良い場所はそうそう無いので、各局苦悩しているのがアリアリです。最近「私は安全な場所にいます」と断って中継しているのをよく目にしますが、あれ本当ですかね?

 「専門家の指導の下撮影しています」とか「スタッフがおいしくいただきました」と並んで、イマイチ信用できません。いっそお天気情報カメラで現在の映像を伝えるだけにすればいいのに、「それでは臨場感がない」とかおっさんプロデューサーが言い始めて、そっちにも踏み切れない感じがテレビっぽいです。

 ちなみに個人的には「台風は被害が大変だと思って準備すると大したことがなくて、大したことがないと思っていると大変」というジンクスがあって、大々的に番組で展開しようとしていると肩透かしを食ったりもするので、それも悩ましいところです。全国各地に中継を出したらどこも日本晴れ、みたいな事態は、もちろん喜ばしいのですが、ニュースデスク泣かせです。ちなみにお台場に行くと、大した風でなくてもビニール傘が御猪口になるような激しめの映像が撮れるというのはテレビマンの間では有名な話です。

 そして最近の台風報道は、皆さんの提供映像なしには成り立ちませんが、身の安全が第一なので、絶対に無理して撮影しないでくださいね。もし安全に撮影可能なときにはぜひスマホを横にして撮影お願いします。なぜかスマホを縦にして撮影する人が多くて、これまたテレビマン泣かせだったりするんですよね。

 ■鎮目博道(しずめ・ひろみち) テレビプロデューサー。上智大学文学部新聞学科非常勤講師。1992年テレビ朝日入社。社会部記者や、スーパーJチャンネル、報道ステーションなどのディレクターを経てプロデューサーに。ABEMAの立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などを企画・プロデュース。2019年8月に独立。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です