「マッチングアプリ不倫」にハマった38歳女性の末路…裏切られた夫の決断(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

「真面目なところに惹かれたのに…、まさかこんな形で裏切られるとは思ってもみませんでした」

【写真】夫とのセックスレス、私たちはこうして解消しました

 私の事務所へ依頼に来た松本直樹さん(仮名・依頼当時42歳)は、こう語った。

 探偵稼業を10年以上続けていると、様々なカップルの別れ際に遭遇する。今回は、私が見た夫婦の中から、「マッチングアプリ不倫妻」の事例を紹介したい。

 結婚する前、松本さんは都内で一人暮らしをしていた。見た目は小動物のような癒し系。自宅近くの薬局で薬剤師として働いていて、職場ではしっかり者として頼りにされている。結婚願望はあるもののここ数年彼女はおらず、なかなか良い相手とめぐり合えずにいた。

 そんな松本さんがマッチングアプリを始めたのは2年ほど前のこと。本気で「結婚相手を見つけたい」と考えて、真剣な交際を求めるユーザーが多そうなアプリを選んだ。そこで積極的に声をかけてきたのが、田村幸子さん(仮名・当時38歳)だった。

 田村さんは地元の区役所に勤め公務員で、バツイチの独身だった。前の旦那さんと離婚したのは5年前で、理由は「性格の不一致」と話していた。趣味はテニスで、毎週レッスンに通いアマチュアの大会にも出場するほどの熱中ぶり。インドア派の松本さんとは正反対の趣味だったが、優しく真面目な彼女に惹かれて交際を申し込み、1年後に結婚した。

 結婚後も2人の相性は抜群で、彼女との新婚生活はとても楽しかった。「この幸せが死ぬまで続いたらいいな…」松本さんはそう思っていたという。しかし結婚してから1年後に、事態は急変した。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です