習礼讃ムードが高まる中、反逆者の烙印を押されれば命取り 度を越した習近平「神格化」の弊害(週刊東洋経済)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:週刊東洋経済

<2020年8月8日・8月15日合併号> 中国で国家主席・習近平の神格化の動きが止まらない。毎日のトップニュースを飾るのは習。新型コロナ問題でも長江の大洪水でも、習は人民の生命や財産を最も大切に思い、政府と軍に大号令をかけ、先端技術を駆使して自然災害に立ち向かう英明かつ唯一の指導者として描かれる。あたかも、彼だけが人民に真の愛を与える存在であるかのように。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です