ホンダが死守すべきたったひとつのこと ホンダ専務・本田技術研究所社長 三部敏宏氏インタビュー(日経ビジネス)

出典元:日経ビジネス

みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

【写真】本田技術研究所社長、ホンダ専務の三部敏宏さんと著者のフェルディナント・ヤマグチ氏

 cakesで2012年9月の創刊から連載している「フェル先生のさわやか人生相談」が、400回を達成いたしました。週刊の連載で400本ですからね。自分で言うのもナンですが、よく頑張りました。

 この連載は、編集部に寄せられた読者のお悩みを、担当編集者が週に1本だけ選んで私に転送し(私が選ぶと下半身ネタに偏ってしまうため)、じっくりお答えするというもの。

 本来は有料の記事なのですが、400回達成を記念して、1週間だけ無料で閲覧可能であります。この機会にぜひご一読ください。他人の人生の深い闇を垣間見ることができます。
 それにしてもみなさま、業の深い人生を送っておられます。

 2カ月の長期試乗を終えたセローをヤマハ発動機にご返却しました。今度はホンダからCRF250 RALLYをお借りしています。

 いやしかしウィンドスクリーンの効果は絶大でありますな。
 これがあるだけで、高速道路の走行がグッとラクになる。時速100キロでの巡航も怖くありません。懸念されていた足付きも、試乗車がローダウン仕様だったために問題ナシ。

 山から東京に戻り、大急ぎで着替えて、今度はクルマで野尻湖へ向かいました。
 ここの湖畔には、若い友人の須藤信太郎くんが建てた立派な別荘がある。

 野尻湖には有名な「The Sauna」というフィンランド式サウナがあるのですが、「わざわざ出かけるのがメンドくさい。サウナから直接湖に飛び込みたい」ということで別荘に隣接してサウナを建ててしまいました。やることが極端です。

 せっかく湖に来たのですから、もちろんウォータースポーツも楽しみました。別荘の前に伸びる桟橋から、ボートに乗って沖に向かいます。

 信太郎くんありがとう! 今年も楽しゅうございました。

 ということで本編へとまいりましょう。
 本田技術研究所社長、ホンダ専務の三部敏宏さんインタビューの続編であります。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です