ココイチ「インド出店」でわかった、インド人に愛される「3つの鉄則」(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

「これまで食べたことのない、クセのある味。でも予想以上に美味しかったよ」

 世界第二位の人口を誇り、急速な発展を遂げているインド。その首都にあたるニューデリー郊外の街・グルガオンに店を構える「カレーハウスCoCo壱番屋」で食事を終えた現地のインド人は口々にこう話しているという。

【写真】イギリスで日本の「カツカレー」が“国民食”になっている驚きの理由

 カレーチェーン国内最大手のカレーハウスCoCo壱番屋(以下、ココイチ)が、カレーの本場・インドに1号店を出店したのは今年8月3日のこと。直営店、FC店合わせて国内外に約1500店舗を抱えるココイチのインド進出は、発表当時、大きな話題を呼んだ。

 同社は元々、今春にも同店の開店を予定していたが、そのタイミングで新型コロナウイルスの感染拡大が世界で広がったため、一旦中止に。ここへきて8月の開店にずれ込んだそうだ。

 日本のカレーといえば、欧風カレーをベースに日本独自の改良を加えた滑らかなルーに、玉ねぎ、人参、じゃがいも、それに牛や豚、鶏などの肉を具材とするのが一般的。もちろん、ココイチのカレーもそれに準じた作りになっている。

 一方、インドのカレーは日本とまったく異なる。何億通りもあるスパイスの組み合わせを味わうことが重視され、地域差も大きい。また宗教の戒律から牛・豚は具材に使われず、菜食主義者も多いため、具材は野菜、特に豆が好まれるという。

 カレーと一括りに言っても、双方はまったくの別物だ。にもかかわらず、報道によればココイチはインド初出店に際して「現地で受け入れてもらえると期待している」と自信をのぞかせている。

 果たしてココイチに勝算はあるのか――「カレー総合研究所」代表で、カレー専門のコンサルティングを行う井上岳久氏に解説してもらった。

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です