【漫画】業界人がモーレツに働いていたあの頃…広告マン同士の「仁義なき戦い」(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

サラリーマン漫画の金字塔「島耕作」シリーズ。その始まりであり、不朽の名作でもある「課長 島耕作」。

【漫画の続きを読む】広告マンは勝つためならなんでもやる…!

国内最大手の家電メーカー・初芝電産で、販売助成部宣伝課課長に昇進した島耕作。出世争いや派閥抗争にあくせくしたりはしないが、自分の仕事に対しては誠心誠意打ち込む。

時流や派閥力学の変化の中で、当然様々な困難や事件に巻き込まれながらも、彼の人柄に惚れる多くの人物の助けもあって、島耕作は柔軟かつひょうひょうと対処しながら成長してゆく。

本社の会議のため、東京に帰った島耕作。本社で新商品「立体テレビ」の宣伝会議が開かれ、その予算規模からちょっとしたお祭りになっていた…。

コンペには、本命の大手広告代理店のほかに、島の大学の同級生が所属する弱小プロダクションも参加していた。日夜徹夜し、大手にも負けない企画を用意したはずが、その結果は意外なものだった…。

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です