【マンガ】「夫の愛人」と病院で鉢合わせ…そこで聞かされた「衝撃の事実」(現代ビジネス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:現代ビジネス

大過なく、穏やかな生活を送りたい…。ある程度の年齢を重ねた夫婦にとって、こうした願いを抱くことは普通のことだろう。しかしそうした生活は、ある日突然あっけなく崩壊してしまうことがある。

【本編を読む】夫の愛人が語ったこととは…?

マンガ『ゆりあ先生の赤い糸』(『BE・LOVE』で連載中)は、穏やかな夫婦生活が一変、様々な事件に翻弄されることになった中年女性を描いて話題となっている。

主人公の伊沢ゆりあは50歳。手芸教室の先生として、地味ながらも幸せに暮らしている。そんなある日、旦那が渋谷のホテルで昏倒し、救急車で緊急搬送された。診断はクモ膜下出血。緊急手術で一命は取り留めたが、旦那はいっこうに目覚めない。そんななか、旦那に愛人がいたことが発覚! しかも、相手は白皙(はくせき)の美青年だった。

担当編集はこう語る。

「愛する人がいれば、誰もが一度は思うことでしょう。『夫婦仲良く、穏やかな老後を送りたい』と。いろいろな愛の形がある現代、夫婦に限らずとも、赤い糸で結ばれた相手と一緒に年を重ねていくのは幸せなことです。

この作品の主人公・ゆりあ先生も、そう思いながら暮らしている平凡な主婦。ところが齢(よわい)五十にして、人生の歯車がメチャクチャに狂い始めます。

待ったなしで始まった夫の介護、突如現れた女子力高めな浮気相手(男)。珍奇な運命に翻弄される彼女の「赤い糸」の先にいるのは、いったい誰なのか。

いくつになっても、女の人生はジェットコースターのように予測不能なのです。眉毛太め、男気たっぷり、あなたの隣にもいそうな中年ヒロインが繰り広げる痛快ラブ・ストーリー、その妙味をぜひご堪能ください!」

現在、現代ビジネスで公開中の第5話では、ゆりあ先生が病院で鉢合わせた「夫の愛人」の来歴を聞くことになる…。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です