「新たな封建制」の到来か 民主党の牙城・加州の現実(週刊東洋経済)

出典元:週刊東洋経済

<2020年9月5日号> 米国は「新たな封建制」に向かっている。都市問題研究者の衝撃的な分析が注目されている。米大統領選挙の行方、そしてその先の米国を見通すうえで示唆に富む議論だ。先進国の民主主義の危機を訴えている点でも、傾聴に値する。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です