米の対中関税は不当 WTOパネル、初判断(共同通信)

出典元:共同通信

【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)は15日、米国が中国製品に課した高関税はWTO協定に反し不当と結論付ける報告を公表した。AP通信によると、トランプ政権が輸入制限のために課した関税を不当と判断した初めての例となった。

 中国は2018年4月、米国が発動した鉄鋼などの輸入制限は不当だとしてWTOに提訴。パネルはWTOの紛争処理機関で「一審」に相当し、当事国は結論に不服がある場合、上訴できる。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です