年収100万の貧困家庭で育った私が、「穴あき下着」で過ごした青春時代(現代ビジネス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:現代ビジネス

私は家賃1万5千円の地方の県営住宅、父の年収が100万円という家庭で育った(母もパートタイマーをしていたが、年収は把握できていない)。父は精神障害があり、複数回の事故や病気で体が弱い。そんな状況で、姉を含めた4人で暮らしていた。

【写真】奨学金で借金600万…女子大生風俗嬢「その後の現実」

 物心がついた時から父はアルバイトや障害者雇用を転々とし、どれも長く続かず時折無職になった。それゆえ我が家は慢性的な貧困状態にあった。

 幼少期から、“お金がない”ことがデフォルトであり、それを受容して生きてきた。そこに反発する気力は初めからなかったように思う。学習面や人付き合いなど、あらゆる面で選択肢の無い悔しさや、明日の見えないどうしようもない不安を味わってきた。

 有り余るエピソードの中から、今回は衣食住の「衣」の部分に絞って、自分の経験を切り取ってみようと思う。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です