【映像】露反体制指導者がこん睡状態 空港で飲んだ紅茶に毒か(AP通信)

出典元:AP通信

トムスク、ロシア、8月21日(AP)― ロシアの反体制指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が8月20日、体調不良を訴えて入院、こん睡状態に陥ったと報じられている。
 プーチン大統領批判を展開してきた同氏は、シベリアのトムスクからモスクワに向かう途中、旅客機内で気分が悪くなったと伝えられている。旅客機は同じくシベリアのオムスク空港に緊急着陸し、同氏は市内の病院で集中治療を受けている。
 出発前にトムスク空港のカフェで飲んだ紅茶に、毒が盛られたのではないかと推測されている。
 
(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です