ケリー被告初公判詳報(1)「本来、日産社内で解決されるべき問題」(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

《日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)の役員報酬を過少記載したとして、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪に問われた元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(64)と法人としての日産の初公判が15日、東京地裁(下津健司裁判長)で始まった。同罪などに問われているゴーン被告は昨年末にレバノンへ逃亡。「主役」不在で公判は進むことになる》

 《日産トップと代表取締役の衝撃の逮捕から約2年となるのを前に迎えた初公判。ゴーン被告が海外でスキーなどをして悠々自適な生活を送る一方、日本で過ごしてきたケリー被告。産経新聞の単独インタビューに応じたケリー被告は、ゴーン被告の逃亡に理解を示した上で、「法廷で私の無実を証言してくれたなら」とも述べた》

 《起訴状によると、ゴーン、ケリー両被告は共謀して平成22~29年度のゴーン被告の役員報酬を有価証券報告書に約91億円、過少に記載したとしている。主な争点は、退任後の受け取り分(未払い報酬)があったかや、ケリー被告とゴーン被告との共謀が成立するか否かだ》

 《検察側は、21年度分から1億円以上の役員報酬の開示が義務付けられたのを契機に過少記載を始め、未払い分を退任後に顧問料などとして受け取ることにしたと主張する。また、ケリー被告がゴーン被告の指示を受けて報酬をいかに開示せずに受け取るかを画策したことなどから、共謀が成立すると訴える》

 《一方で、ケリー被告側は退任後の顧問料などの支払いについて、ゴーン被告が在任時に受け取るはずだった報酬の後払いには当たらず「完全に適法」との立場を取る。さらに、正確な報酬はゴーン被告しか知りえないことなどから「ゴーン被告と共謀のしようがない」などと主張する方針だ》

 《審理は初公判を含め、すでに来年7月上旬まで70回以上の期日が指定されている。証拠調べや司法取引(協議・合意制度)に応じた元秘書室長らの証人尋問も予定されているが、判決期日はまだ決まっていない》

 《午前10時ごろ、ケリー被告が乗った車が東京地裁に到着。ケリー被告は上下グレーのスーツに、白いシャツ、赤地のネクタイ。右手にはレポート用紙のようなものを手にしており、まっすぐ前を見据え、ゆっくりとした歩調で弁護人を先頭に裁判所に入っていった》

 《新型コロナウイルスの感染拡大の影響で傍聴席が限られ、一般傍聴席は19席。開廷前には245人の傍聴希望者が列をなし、傍聴席の抽選を待っていた》

 《午前10時半ごろ、法廷のドアが開いてケリー被告が入廷。ゆっくりとした足取りで弁護側の席に向かった》

 《裁判長が公判の始まりを告げる。法廷には通訳もおり、裁判長らの発言は英語に、ケリー被告の発言は日本語に訳される。日産側の代理人が人定質問に応じ、続けて裁判長はケリー被告に問いかけた》

 裁判長「名前は何と言いますか」

 ケリー被告「グレゴリー・ケリーです」

 裁判長「保釈中でいいですか」

 ケリー被告「その通りです」

 裁判長「職業は」

 ケリー被告「現在仕事をしておりません」

 《生年月日や、ケリー被告のミドルネームを確認する裁判長。ケリー被告は淡々と答えていく》

 《人定質問を終えると、検察官の起訴状朗読が始まった。検察官が22~26年度分、27~29年度分の起訴内容をそれぞれ分けて読み上げ、通訳もそれに合わせて英訳していく。ケリー被告は検察官と通訳を見つめながら聞き入っている》

 《続いて、裁判長がケリー被告らに起訴内容の認否を確認する。日産側は「間違いありません」と認め、ケリー被告の認否に移る》

 裁判長「検察官が読み上げた事実に対して述べたいことがあれば述べてください」

 《ケリー被告は手元の紙に目を落としながら、英語で話し始めた》

 ケリー被告「私は検察官が主張する公訴事実を否認します。共謀に関与していません。ゴーン氏を退任後につなぎとめるために合法的な方法を探ろうとして取った行動は、日産の最善の利益に合致していたと考えてています。この問題は本来、日産の社内で解決されるべきでした」

 《ケリー被告は1990年代に日産が赤字に陥っていたことや、ゴーン被告が日産を立て直した経緯について触れた上で、ゴーン被告がルノーから日産の独立性を守ることや、日産が利益を上げながら成長するよう主導する見込みがあったことなど、退任後に競合他社に行くのを防ぐ重要性を説いた》

 《最後にケリー被告は改めてこう強調した》

 ケリー被告「私は、彼(ゴーン被告)の退任後に彼をつなぎとめる可能性に焦点を当てていましたが、そのような可能性が合法であることを当然の前提にしていました。証拠によって、私が金融庁の開示規則に違反していないことが明らかになると信じています」

 《ケリー被告の弁護人が続ける》

 弁護人「被告人と同意見で、すべて無罪だ」

 《起訴内容を認める日産側と、真っ向から対立するケリー被告側。公判は検察側の冒頭陳述に移った》

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です