観衆5000人、静かな甲子園… 拙守をあざける?カラスの鳴き声(夕刊フジ)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:夕刊フジ

【プロ野球実況中継】

 甲子園球場の阪神-巨人戦を中継してきました。満員の甲子園のスタンドの歓声というのは、他の球場とまるで違います。バックネット裏にかぶさる大銀傘に反響するから音量が半端じゃないんです。ヘッドホンのボリュームを最大にしないと、解説者の方の声も聞き取れないくらい。おかげで甲子園で喋ったあとは一晩、耳にキーンと耳鳴りが残るんです。

【写真】2019年、ジェット風船の舞う甲子園球場

 ただ、この大歓声のおかげでわれわれの中継は大いに盛り上がるので、昔から「甲子園で喋るアナウンサーはみんなうまく聞こえる」なんて言われてます。

 しかるに観衆5000人の甲子園の雰囲気は、あまりにも今までと違いました。なんとカラスの鳴き声がクリアに聞こえたのです。こんな経験はもちろんはじめて。私が実況した7日は、阪神の攻撃時でもメルセデスを打ちあぐねていたから歓声は盛り上がりを欠き、ましてや巨人の攻撃ではただでさえシーンと静まり返っているのに近本や木浪がエラー。そんなときに「カァカァ」と人をあざけるように鳴くカラスの声は、さしずめコントで使われる効果音のようでした。

 「これがホントの閑古鳥やな(笑)」と解説の江本孟紀さん。雨天中止となった1試合含めて、甲子園ではまだ伝統の一戦が4試合組まれています。やがて規制が緩和され、2万人のお客様でも入るようになればカラスの声は聞こえなくなるはずですが…。その頃は消化試合になっていて“閑古鳥”ではシャレにならない。巨人を楽に走らせないために、阪神だけでなく他球団の奮起を期待したいものです。

 ちなみに週末の「ニッポン放送ショウアップナイター」は東京ドームの巨人-ヤクルト3連戦。12日は桑田真澄さん、13日は中居正広さん、いずれも豪華ゲストをお迎えしてお送りします。是非ともお聴きください! (フリーアナウンサー・松本秀夫)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です