街中で松田優作さんがパッカーン! 尋常ではないオーラ放っていた 織田哲郎・あれからこれから(夕刊フジ)

出典元:夕刊フジ

【織田哲郎 あれからこれから Vol.83】

 2009、10年と、とても不思議で面白い企画に参加しました。『不在証明』という、松田優作さんにオマージュをささげた朗読劇です。優作さんの出演作品の台本、本人インタビューや歌詞などから選ばれたせりふを朗読し、合間に優作さんの楽曲を演奏するというユニークな劇でした。

【写真】「ジーパン刑事」のようなワイルドさが松田優作さんらしさである

 プロデュースは優作さんが愛した東京・下北沢のBAR「レディジェーン」のオーナーであり、旧友でもあった大木雄高さん、脚本は『探偵物語』などの脚本家で丸山昇一さんです。朗読は09年が吉川晃司さんと阿木燿子さん、10年が吉川さんと、とよた真帆さんが担当しました。そして音楽は私がギターと歌、バイオリンに斎藤ネコさん、ベースがシーナ&ロケッツの奈良敏博さんという3人でした。

 特に明確なストーリーがあるわけではありませんが、不思議な緊張感とカタルシスのある、愛に包まれた空間でした。優作さんは当然役者として有名ですが、実はとても素晴らしいシンガーでもあります。魂のこもったブルースを歌うシンガーです。そんな彼の歌を歌わせてもらったことはとても光栄でした。

 余談ですが、原田芳雄さん、萩原健一さんも最高のシンガーでした(萩原さんはもともと音楽から芝居の世界に行かれた方ですが)。古くは石原裕次郎さんから、最近では菅田将暉さんも素晴らしいシンガーですよね。やはり主役を張るような人たちは、自分の世界を作り上げることにたけているものなのかもしれません。

 私は残念ながら優作さんとはまったく面識もなく、仕事上のつながりもありませんでしたが、実は10代の頃に一度だけ街で目撃したことがあります。渋谷の道玄坂で、前の車と何があったのか事情は分かりませんでしたが、2台連なって止まっていた後ろの車から優作さんとシンガーのジョー山中さんが降りてきました。そして前の車から出てきた男性の頭を、優作さんが持っていた雑誌か何かを丸めてパッカーン! とたたいたのです。そしてサッと車に戻って行ってしまいました。

 私は5メートルくらい離れた歩道から見ていたのですが、40年以上も前のことなのに、今でもそのシーンが脳裏に鮮やかに焼き付いています。まるでドラマの一場面をリアルに見ていたような、不思議な感覚でした。

 本当のスターというものは日常からまったく尋常ではないオーラを放っているものだなぁと思わせてくれた貴重な体験でした。

 ■織田哲郎(おだ・てつろう) シンガーソングライター、作曲家、プロデューサー。1958年3月11日生まれ。東京都出身。79年のデビュー当初からCMやアーティストの音楽制作に携わる。現在「オダテツ3分トーキング」をYouTubeで配信中(毎週土曜日更新)。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です