大炎上の東出昌大は返り咲きも…唐田えりか、復活の目なしの不公平 長い沈黙がマイナスに(夕刊フジ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:夕刊フジ

不倫騒動を報じられた結果、女優の杏(34)と離婚した俳優、東出昌大(32)。不倫が発覚した当初は猛バッシングを浴びていたはずだが、気がつくとちゃっかり復帰しているから驚きだ。かたや不倫のお相手とされた女優、唐田えりか(22)はいまだ復活の目はないというから何とも不公平な話だ。

 7日、東京都内で行われた映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の大ヒット御礼の舞台あいさつの場にも東出の姿はあった。

 「もともと映画の公開は5月1日が予定されていましたが、ご存じの通り、コロナ禍で7月23日まで公開が延期されたことでほとぼりが冷めたというか、功を奏したといえるでしょう」とは芸能リポーター。

 こう続ける。

 「東出は不倫騒動の渦中にあった3月、報道陣の取材に応じ、締まりのない発言をして、さらにバッシングを浴びることになりました。その発言が最終的に杏を離婚に踏み切らせたともいいます。しかし、良くも悪くもその締まりのなさが東出のキャラクターなんだという印象づけにもなったのです。世間的には“仕方のないやつ”というイメージです」

 とはいえ、東出にとってイバラの道が終わったわけでない。不倫騒動による違約金は事務所が肩代わりしたとはいえ、帳消しになったわけではない。離婚をめぐっても慰謝料は払わずに済んだというが、3人の子の養育費などは当然のしかかってくる。

 「それでも、黒沢清監督の映画『スパイの妻』に出演するなど仕事は続いています。この映画はテレビ版が先にNHKで放送されました。民放もNHKも使ったのならと判断すれば、ドラマ復帰などもありえるでしょう」と放送関係者。

 一方、いまだに復帰の目がないのが唐田だ。

 「騒動以降、沈黙を続けていることがマイナスに響いています。こちらは世間的には、杏や子供がいる東出を誘惑したというイメージがいまだに消えていません。何かしら違う印象を作り出さないと、ずっとそのイメージを引きずっていくことになります」と女性誌編集者はいう。

 「彼女の事務所は女優が主力。もしバラエティーに強い事務所ならば、騒動をネタに換えるという手段もあったでしょう。後は、同じ事務所の女優のバーター出演に期待するしかありません。今なら元TBSのフリーアナ、田中みな実が移籍してきたばかり。ひっぱりだこの彼女のバーターならチャンスはあるかも」とも。

 追い風が吹くか、まだまだ逆風なのか。

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

                                【ガウビケス】

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です