またささやかれる「ドル崩落説」の根本的な弱点とは?(日経ビジネス)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:日経ビジネス

7月の外国為替市場では、ドルが軟調に推移する場面が目立った。対円では104円台をつけるところまでにとどまったものの、対ユーロなど他の主要通貨に対しては下落幅の大きさがより目立っていた。

【写真】やはりドルは替えの効かない基軸通貨

 そうした中で久しぶりに市場の内外でささやかれ、電子メディアの記事などでも散見されたのが、「ドル崩落(大暴落)説」である。

●金史上最高値の背景は

 日本経済新聞は8月2日の朝刊に「ドル、10年ぶり下落率 7月4%超、米景気懸念 復興基金受けユーロに 金は最高値2000ドル台」と題した記事を掲載した。米インターコンチネンタル取引所(ICE)算出のドル指数が2018年5月以来の低水準になり、7月の月間下落率は前月末比4%に達して10年9月(5.4%)以来の大きさになったとしつつ、このドル安局面の背景を整理した記事である。

 ただし、ドルが「崩落」に向かうというような扇情的な記述は見当たらず、市場の状況を冷静に伝えていた。

 この記事は、7月のドル安進行の要因を大きく2つに整理していた。①米国の景気低迷が長引く懸念(4~6月期の成長率が過去最大の落ち込み、新型コロナウイルス新規感染者数の欧州と比べた場合の多さ、米議会における追加経済対策の成立の遅れ)、②ドルの実質金利(この記事では米10年物インフレ連動債の利回りを参照していると推測される)がマイナスになったこと(7月末にはマイナス1%になって過去最低水準を更新)である。

 そして、国の信用力に依存せず、ドル下落時には代替資産として買われやすい金が1トロイオンス=2000ドルを突破して史上最高値を更新した背景には、「各国中銀がマネーの供給量を増やし、財政赤字も膨らんでおり通貨の信認が揺らぎかねないとの懸念がある」と説明した。

 マーケットのムード(と言うよりもドル売りの理屈付け)をうまく説明した記事なのだが、ふだんマーケットとは縁遠い(雰囲気に流されることの少ない)読者は、いくつもの素朴な疑問を抱いたのではないか。

 まず、上記①米国の景気低迷が長引く懸念である。景気低迷長期化の懸念は、米国に限った話ではなく、ユーロ圏でも日本でも、大枠としては同じなのではないか。

 国際通貨基金(IMF)などの国際機関が出している世界経済見通しでは、米国に限らずどの国・地域でも、新型コロナウイルスがもたらした今回の新たなタイプの危機によって、今年の経済成長率は大きく落ち込む見通しである。そしてその後についても、感染第2波・第3波によって景気回復の動きが頓挫してしまうリスクがあり、不確実性は極めて高い。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です