「ポスト百恵」「賞レースの流れ」 存在感が増して風向きに変化 中森明菜の軌跡と奇跡(夕刊フジ)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:夕刊フジ

【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】

 1982年も年末が近づき“新人賞レース”も佳境を迎えていた。

【写真】頭を丸めた明菜「歌姫2」のジャケット

 デビュー時は知名度が低かった中森明菜だが、セカンドシングル「少女A」のロングセールス、それに続くサードシングル「セカンド・ラブ」の大ヒットで知名度、存在は一気に高まり、業界内でも「82年を代表する新人」として挙げられるまでになっていた。

 「80年に劇的に引退した山口百恵の後、業界内では“ポスト百恵”が大きな話題でした。その最右翼が『抱きしめたい! ミス・ソニー』のキャッチフレーズで80年4月にデビューした松田聖子でしたが、明菜の存在が高まるにつれ、風向きは変わり始め、どちらかというと明菜のほうが百恵の後継的イメージで解釈されるようになっていきました。明菜の作品によるところが大きかった」(音楽関係者)

 それでもファンの支持の高さだけで決まらないのが“賞レース”だ。

 「賞はもらうものではなく獲りにいくもの」

 業界内にはそんなムードが漂っていた。前出の音楽関係者は振り返る。

 「明菜サイドの雰囲気は、そもそも最優秀新人賞を狙うなんて意識はまったくなかった。“賞レース”は世間に存在を示すことが重要なのです。新人ならなおさらです。まずはノミネートされることが重要。明菜は周囲が思うほど賞レースに興味がなかった。というより賞レースに出ることできれいな衣装を作り、着ることができると思っていた程度かもしれません。明菜はデビュー当時から衣装にはこだわっていたようですからね」

 しかし、明菜の追い上げで「“賞レース”の流れが大きく変わった」との声もある。

 「例えば、ラジオ日本(当時はラジオ関東)が主催し、新人の登竜門といわれた『横浜音楽祭』では最終的に明菜が『最優秀新人賞』を受賞しました。それに『全日本有線大賞』でも年間新人賞を獲得しましたからね」(大手プロ幹部)

 業界内を最も驚かせたのが12月25日に東京・中野サンプラザで開催されたFM東京系列の音楽賞「JFNリスナーズグランプリ」(93年以降は「JFNリスナーズアワード」で開催)だった。「ラジオ黄金時代」の音楽賞として知られたが、大手レコード店「新星堂」がバックについてリスナー投票で選ばれるので「その年の人気のバロメーターにもなっていました」(レコード会社関係者)

 この音楽賞でグランプリを獲得したのが明菜だった。

 「投票数は明菜がダントツでした。やはりリスナーからは圧倒的な支持を得ていたのです。振り返ると業界の思惑や盛り上がりがリスナーに伝わりにくくなり始めたのは明菜からではないかと思うこともあります」(前出の大手プロ幹部)。

 “賞レース”という「82年の総決算」で動き回る中、ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽宣伝課で明菜のプロモートを担当した富岡信夫氏(現モモアンドグレープスカンパニー代表取締役)はなんと84年のカレンダーのプランニングに追われていた。

 「カレンダーの制作は1年前以上から動かないと間に合わないのです。当時はカレンダーの売れ行きも人気のひとつだったので、中身には神経を使いました。基本的に明菜はジャケットやポスターなどビジュアル面のカメラマンは1年目が野村誠一さん、2年目は渡辺達生さん、そして3年目はYMOを撮り続けた三浦憲治さんを考えていました。3年目の三浦さんは事情があって清水清太郎さんに変わりましたが、イメージ的には野村さんが『静』だったので、渡辺さんには『動』の明菜が表現できないかと思い、カレンダーでは『動』の部分を表現していただけるように提案しました」

 「静」から「動」-。まさに明菜の躍動感を表すものだったのかもしれない。(芸能ジャーナリスト・渡邉裕二)

 ■中森明菜(なかもり・あきな) 1965年7月13日生まれ、55歳。東京都出身。81年、日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』で合格し、82年5月1日、シングル『スローモーション』でデビュー。『少女A』『禁区』『北ウイング』『飾りじゃないのよ涙は』『DESIRE-情熱-』などヒット曲多数。NHK紅白歌合戦には8回出場。85、86年には2年連続で日本レコード大賞を受賞している。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です