茨城の予備選、菅氏が6割獲得(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

菅義偉官房長官が選出された14日の自民党総裁選。茨城県連に割り当てられた3票は党員による予備選挙の結果、菅氏に2票、石破茂元幹事長に1票が投じられた。茨城と強い結びつきを持ち、党県議団がいち早く推薦を打ち出すなど菅氏の支援ムードが高まる中、石破氏も1票を獲得して根強い人気を示した形だ。(永井大輔)

 菅氏は有効票3万1702の6割近い1万8790票を獲得。石破氏は9842票、岸田文雄政調会長は3070票に終わった。県連によると、投票権を持つ党員数は4万5109人で東京都、神奈川県、愛知県に次ぐ全国4位を誇る。投票率は70・36%で過去最高とみられ、党員の関心の高さが示された。

 今回の予備選では各候補者の得票数に応じて3票を配分する「ドント式」を採用。開票作業は13日に同党県連(水戸市)で約2時間かけて行われた。

 菅氏は梶山弘志経産相の父、梶山静六元官房長官を「政治の師」と仰ぎ、大きな影響を受けてきた。静六氏の死去(平成12年)後も自身の官房長官初就任や梶山氏の初入閣の際には、多忙なスケジュールの合間を縫って常陸太田市まで墓参に訪れるなど、親子と強い結びつきを保っている。こうした菅氏と梶山氏の特別な関係から、県議団は早々に菅氏の支援を固めた。

 前回の総裁選では、県議団が支持した安倍首相に対し、県内の党員投票で約4千票を上回る支持を集めた石破氏。昨年1月の八千代町長選にも候補者の応援に駆け付けるなど頻繁に来県し、党員から根強い人気を誇る。しかし、今回は菅氏の後塵(こうじん)を拝した。県連幹部は「県議団に『今回は絶対に菅氏を勝たせなければならない』という緊張感があった」と振り返る。

 岸田氏は、県内選出の国会議員2人が自身の派閥に所属しているが、「県内では菅氏と石破氏の一騎打ちというムード」(県連幹部)に後れを取り、票数は伸び悩んだ。

 菅氏が新総裁に決まったことで、県議団の注目は梶山氏の次期役職に集まる。県連の細谷典幸副会長は「官房長官を期待する声は多い。難しいかもしれないが、静六氏と同じポストで菅氏の力となってほしい」と言葉に力を込めた。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です