自民党総裁選 菅義偉氏を選出(tvkニュース(テレビ神奈川))

出典元:tvkニュース(テレビ神奈川)

安倍総理大臣の辞任に伴う自民党総裁選挙の投票と開票が14日に行われ、神奈川2区選出の菅義偉官房長官が新たな総裁に決定しました。ほか2人の候補に大差をつけての選出です。

14日午後2時から、都内のホテルで開かれた自民党の両院議員総会。 総裁選挙の投票のため、党所属の国会議員らが会場に勢ぞろいしました。 立候補したのは届け出順に、石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政務調査会長の3人で、安倍政権の継承を掲げた菅官房長官が終始優勢とされてきました。

総裁選では、国会議員票394票と各都道府県連に3票ずつ配分された、あわせて535票で争われ、神奈川県連では党員・党友6万人余りによる予備選挙が先立って実施されました。 その結果、県連では得票数が最も多かった、菅官房長官に3票全てを入れる決定をしています。

そして、午後3時半ー。 「菅義偉くんを当選者と決定いたしました」

開票の結果、石破元幹事長が68票、菅官房長官、377票、岸田政調会長89票。 菅官房長官が国会議員票、地方票ともにほかの2人に大差をつけ、自民党の第26代総裁に選出されました。

菅新総裁「安倍総理が進めてきた取り組みを継承し、進めていかなくてはなりません。 私にはその使命があると認識をいたしております。 私自身のすべてを傾注して、この日本のために、そして国民のために働くことをお誓いをして、私の挨拶とさせていただきます」

菅新総裁は今後、党の役員や閣僚の人事に着手し、16日に召集される臨時国会で総理大臣に指名され、新たな内閣を発足させる見通しです。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です