自民党総裁選 和歌山は菅氏が3票総取り(産経新聞)

出典元:産経新聞

安倍晋三首相(自民党総裁)の後継を選ぶ党総裁選で、自民党和歌山県連は14日、党員・党友の予備選の結果、割り当てられた3票は全て菅義偉官房長官の総取りとなった。

 開票作業は14日午前10時から、和歌山市内の県連本部で行われた。県連関係者によると、菅官房長官が石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長を大きく引き離し、最多得票になったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です