福島原発・処理水放出 菅氏「結論出す時期にきている」(産経新聞)

出典元:産経新聞

安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選(14日投開票)に出馬している菅義偉(すが・よしひで)官房長官は13日午前のフジテレビ番組で、東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水浄化後の処理水の放出に関し、「結論を出す時期にきている」と述べた。具体的な時期は明言しなかった。

【表】自民党総裁選候補が考える省庁再編

 処理水の放出をめぐっては、水で薄めて海に流す「海洋放出」と、空中に蒸発させる「大気放出」が選択肢に上がっている。菅氏は番組で「私は最終的な判断をする時期だと思っている」とも強調した。

 番組には同じく総裁選に立候補している石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長も出演。石破氏は判断の時期について「できるだけ早くやらないといけない。年度内だ。他に選択肢がいっぱいあるわけではない」と訴えた。岸田氏も「年内にも結論を出す努力はしなければならない」と語った。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です