中断から18年 「第二東京湾岸道路」計画が再始動 三番瀬保全めぐり紆余曲折も(産経新聞)

出典元:産経新聞

東京都と千葉県の湾岸部を結ぶ構想の「第二東京湾岸道路(第二湾岸)」の建設に向けた計画が再始動している。国土交通省の検討会で、いよいよルートの検討に入ろうという段階。京葉道路や東京湾アクアラインなどの慢性的な渋滞解消のため、県が長年、国に具体化を求めてきたが、想定されるルート上にある東京湾最奥部の干潟「三番瀬(さんばんぜ)」の環境保全との両立が大きな課題だ。三番瀬をめぐって、過去に第二湾岸計画が宙に浮いた経緯もあり、議論の行方が注目される。

【地図でみる】第二東京湾岸道路の想定ルートと関係地点

 ■計画中断から18年

 第二湾岸は、渋滞解消と東京と千葉の間の輸送力強化のため、平成6年に国が地域高規格道路の候補路線として指定。建設に向けた具体的な進展がないまま、三番瀬の埋め立て計画の白紙撤回を公約とした堂本暁子氏が13年に知事に当選し、計画は事実上の中断に追い込まれた。

 その間、京葉道路や湾岸部の国道の慢性的な渋滞解消も進まなかった。森田健作知事が当選後の21年8月、アクアラインの普通車料金を片道3千円(ETC搭載車は2320円)から800円に引き下げる社会実験が始まり、アクアラインの通行量は急増。30年6月の東京外かく環状道路(外環道)の千葉県区間開通もあり、湾岸部の道路の渋滞増につながり、改めて渋滞解消が喫緊の課題となっている。

 昨年1月、森田知事から重点要望事項として陳情を受けた当時の石井啓一国交相が「第二湾岸を中心とした湾岸地区道路の検討会を設置して検討を加速したい」と述べ、18年ぶりに再始動した。

 ■検討ルートの基点示す

 今年5月に行われた国交省の検討会で、県の三番瀬再生計画を踏まえつつ、外環道と東関東自動車道の結節点である市川市の高谷ジャンクション(JCT)周辺から、千葉市の蘇我インターチェンジ(IC)周辺、市原市の市原ICの各周辺を基点として、湾岸部を結ぶルートで検討する基本方針が策定された。

 県の担当者は基本方針について「湾岸部の渋滞解消は早期に取り組むべき課題」と位置づけられたことを評価する。

 国は今後、周辺住民らの意見を聞くなどして、具体的なルート案や整備後の効果を比較する「計画段階評価」の手続きに移行する。その中で、複数のルート案や工法などについて示す予定だ。

 また、県は、高谷JCT西側の浦安市などを通るルートについても、具体化に向け早期に結論を出すよう要望することを決めた。

 ■環境保全との整合性

 三番瀬は、生物多様性の観点から重要度の高い湿地(重要湿地)として、環境省が平成28年に選定した東京湾の干潟・浅瀬を構成する一つ。県は18年に三番瀬再生計画(基本計画)を策定し、3次にわたり、その再生と保全などの事業に取り組んできていた。現在も、基本計画で示した三番瀬再生の理念と目標は継続している。

 第二湾岸計画では、こうした三番瀬特有の環境の保全との整合性が問われることになる。県経済界の要望も根強い第二湾岸だが、実現まではなお紆余(うよ)曲折が予想されそうだ。

 【三番瀬(さんばんぜ)】 江戸川の河口に広がる東京湾奥部の最大の干潟・浅海域。千葉県の浦安、市川、船橋、習志野の4市に面し、広さ約1800ヘクタール。平成28年に環境省が選定した「東京湾の干潟・浅瀬」を構成する干潟・浅瀬のひとつで、春秋の渡りや越冬する鳥類の種類や個体数が多いこと、アサリなどの二枚貝類やタマシキゴカイの生息が豊富で東京湾の水の浄化機能も高いことなどが選定の理由になっている。

 【記者の独り言】 計画が動き出した「第二東京湾岸道路」。国や県、関係自治体などの協議が進む。ただ、人口増が続いてきた千葉県湾岸地域も令和2年前後から人口減に転じると推計されていることや、三番瀬の環境保全との整合性など、建設にあたっての課題は多い。影響を受ける地域住民への丁寧な説明と渋滞解消への迅速な対応の両立も重要で、事業推進にあたって県に求められる役割も大きい。議論の行方を引き続き注目したい。(永田岳彦)

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です