黒沢清監督に銀獅子賞 ベネチア国際映画祭(共同通信)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:共同通信

【ベネチア共同】イタリアで開催されていた世界三大映画祭の一つ、第77回ベネチア国際映画祭の授賞式が12日夜(日本時間13日未明)に開かれ、「スパイの妻」の黒沢清監督(65)が監督賞(銀獅子賞)に選ばれた。日本人の同賞受賞は2003年の「座頭市」の北野武監督以来、17年ぶり3人目。もう1人は「西鶴一代女」(1952年)の溝口健二監督。

 銀獅子賞は、最高賞の金獅子賞に次ぐ栄誉。新型コロナウイルス流行を受け、イタリア行きを断念した黒沢監督はビデオメッセージで「大変驚き、言葉では言い尽くせない喜びを感じている。長い間、映画に携わってきてよかった」と語った。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です