支配エリートが進める現代版「帝国主義」と闘うにはどうすべきか?(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

———-
「アベノミクス破綻」という希望的観測を言い続けた結果、野党は安倍政権に歴代最長の連続在職日数を許しました。その姿勢は、「資本主義の全般的危機」を信じて衰退した冷戦時代の左翼と通じると、経済学者・松尾匡氏は分析します。支配エリートが進める現代版「帝国主義」と闘う姿勢を模索します。
———-

【写真】なぜ日本と世界で「安倍首相の評価」はこんなにも違うのか?

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です