ヒゲダン「Pretender」は辞典に載りそうな歌詞があった ヒットソングを国語辞典編纂者が読み解く(エキサイトニュース)

出典元:エキサイトニュース

2020年も後半戦。例年この時期になると上半期のヒットランキングが発表され、今年の音楽シーンがそろそろ見えてくるようになる。

カルチャーやトレンドは時代によって変わるものだが、音楽もその例外ではない。いろんなことがあった2020年、音楽にはどんな変化があったのだろうか?

今回は国語辞書編集者である飯間浩明氏に、音楽配信サイト「mysound」のシングル上半期ランキング2020 TOP100の上位51曲を対象に、2020年上半期のヒットソングの「歌詞」の変化や特徴を解説してもらった(※重複している曲やインストゥメンタルは除く)。

ヒットソングの歌詞は、もはや現代詩
――2020年上半期のヒットソングの歌詞を読んで、全体としてどんな感想を持ちますか?

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です