【映像】五輪シンボルマーク一時撤去 メンテのためお台場から移動(AP通信)

出典元:AP通信

東京、8月7日(AP)― 2020年東京オリンピック夏季大会の競技会場に予定されていた、港区の都立お台場海浜公園に設置されていた五輪シンボルが8月6日、約4カ月の点検整備作業のため一時的に撤去された。
 2020年大会が当初の予定通り開催されていれば、同公園ではトライアスロンとオープンウオータースイミングの2競技が行われるはずだった。
 船台に載せられた高さ15.3メートル、長さ32.6メートル、重さ69トンの巨大な五輪シンボルは今年1月24日に設置され、閉会後の8月に撤去されることになっていた。しかし、大会の1年延期に伴って、モニュメントは点検と整備補修作業のため横浜市内の工場に移動、12月に同じ場所に再設置される。
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って延期された東京大会は、2021年7月23日に開会が予定されている。また、パラリンピックは8月24日に開幕する予定。
 
(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です